2013年02月21日

再受験体験記N -センター試験おまけ-

センター試験おまけ


■ センターリスニングについて
センターリスニングは非常に特殊な科目である。というのも筆記では9割を普通に狙えるような学生でも、リスニングでは平均点そこそこくらいしか取れない人も多かったりするためだ。2013年のリスニングは易化したので、今後の難易度がどうなっていくか注目であるが、2012年、2011年あたりは平均点も低く、かなり難しい試験であったと言っていいだろう。

私はかなり運もあったが2012年本番で48点。リスニングは比較的得意であった。だが再受験生活ではほぼリスニングの勉強はしていない。ただ、私は留学経験もないし、海外駐在経験があるわけでもない。英語圏の国に入国したことすらない。そんな私がなぜリスニングが得意だったのか一応書いておこうと思う。
ただ予め書いておくと、短期間でリスニング能力が向上する秘訣を知っているとかそんなことは一切ない。よってそういったものを求めている人は見る必要はない。
続きを読む
posted by ヒル at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 再受験体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

再受験体験記M -2012年センター試験-

■ センター本番1日目(2012年1月14日)

私が試験を受けた会場は微妙にアクセスが悪く、1時間以上会場までに時間がかかってしまう。結局時間がもったいないし行きはタクシーを使うことにした。週末で道も空いており、あっさりと30分くらいで到着。まだ会場に人は少ない。
高校生の集団が見える。国立一本でぴりぴりしている私に対し、高校生たちはなんだかとても楽しそうに話していた。あれくらいリラックスできていたらいいのにな、と思いながら教室に向かう。
教室は小さめの教室。まだ人は一人しか居なかった。ひとまずトイレを確認。トイレが狭く、汚くてテンションが下がる。

教室に戻り、持ち物を確認。時計、鉛筆、シャーペン、消しゴム、メガネ、全部ある。時計は腕時計も含め3つ持っていった。センターには秒単位で表示できるデジタルの電波時計を持っていくのがおすすめである。最後の10秒まで有効に使うことが出来る。
キャラメルで糖分を補給しながら、1限目の地理の最後の確認。

私の教室にはあまり現役生がいなかった。何か配慮があったのかは分からないが、休憩時間も静かに過ごすことが出来た。
教室は古く空調があまり効かない。私はかなり寒がりなので、もう少し着込んでいくべきだったなと感じた。ひざ掛けとかを持っていくのもいいと思う。もし暑かったら脱げばいいので、とにかくあったかくしていくことがおすすめである。

続きを読む
posted by ヒル at 21:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 再受験体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

再受験体験記L -2011年12月〜センターまで-

2011年12月〜センターまで

■ たるんできた
受験勉強をずっとコンスタントにやり続けるのはなかなか大変だと思う。年単位の時間を勉強に注ぎ込むのだから誰だってやる気の出ないときもあるだろう。私がそういう気分になったのは、受験本番直前の12月くらいであった。
直前期に何でやる気がなくなってしまったのかを考えてみると
@ 模試の結果が意外とよくて安心してしまった。
A 勉強開始からかなりの時間が経過して、学力的な伸びが感じられなくなってきた。そのため、ちょっと投げやりに本番を早く受けてしまいたいという気分になった。
こんなところである。
続きを読む
posted by ヒル at 20:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 再受験体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする