2011年11月06日

全統医進模試

さてさて、11月3日、11月6日と連続して模試を受けて参りました。

まず11月3日は河合塾の全統医進模試。

会場は河合塾新宿校。

基本的にこれを受けている人はみんな医学部を考えているはずなので、どんな人が集まっているのかとびくびくしながら受けに行きました。

前回の全統記述模試では机がキツキツに並んでいたのですが、今回は隣の席は空いており、幾分リラックスして受験出来ました。
思ったよりも女子の受験生が多かったのが印象的でした。
みんな出来そうな感じがなんとなく漂っていました。

申し込むときには模試の全容をほとんど理解せず申し込んだのですが、全統医進模試は国公立医学部受験者専用の模試でした。
判定に書ける私大は慶應のみ。
他の私大は問題の傾向とかも違うからでしょうか。
再受験生はほとんど国公立狙いだと思いますので、あまり気にする事はないでしょうが、一応注意が必要です。


さて簡単に各科目の感想です。

まず理科ですが、私的には化学が難しめでした。
時間も足りなかったし、あんまり演習をしていない部分が結構多く出て思ったよりも解けず。
あんまり解いたことのないタイプの問題が多く、自分の苦手な部分がよく分かって、いい練習になりました。

物理はそれなりの難易度。
全統記述模試よりは多少難しいかなという所。


次に英語。
問題は長文3つに英作文(自由英作文含む)と、いかにも国公立にありそうな出題形式。
長文は内容的にはそこまで難しくなく、文意も取りやすい。
ただ自由英作で爆死。
まぁほとんど練習してないからしょうがないかと思いつつ、今後対策をしようか多少悩む所。シャドーイング?が効くと言うけど、今からやっても間に合うかしら。。。


続いて数学。
相変わらず、私にとっては鬼門の数学。
今回もダメでした。
レベル的にはそんなに難しくないだろうと思われる問題ですが、今一歩手が出ない。
たぶん出来る人にはそんなに大したことないレベルだったのではないかと推測します。

最後に小論文。
一応受けておきました。
初めて書いてみたので、どんな風に採点されるのか気になります。
正直かなり一般的で浅い文章を書きました。
30点とかだったらどうしよう。。。

まぁどんな結果が出るのやら、とりあえず結果を待ちます。

今日受けた駿台ベネッセマークはまた別の記事で。
posted by ヒル at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 模試〜感想〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月30日

第3回全統マーク模試〜感想〜

本日は河合塾の全統マーク模試を受けてきました。

場所は新宿の服部栄養専門学校。
ここは駿台同様机が小さく、お昼過ぎから早くも腰が痛くちょっと辛かった。
しかも隣の席の人が風邪引いてるのか、鼻をすすったり、うんうん言ったりうるさいのなんの。

問題もセンター本番レベルに比べると若干難しい科目が多かった気が。。。

とりあえず自己採点結果です。

英語:190
リス:36
数1A:86
数2B:89
物理:88
化学:92
地理:81
国語:152

合計:768/900(85.3%)

合計点は第1回の駿台ベネッセマークとほぼ同じ。
理系科目と地理が落ちた分を国語が支えてくれました。

とりあえず河合のマークの数学は難しい。
私には満点を取るのはほぼ無理です。
センター本番よりも計算量が多く、幾分難しいと思います。
これで満点取れる人は素直に尊敬。
特に数1Aの難しさ。
去年の全統マークの数学の問題を3回分解いてみて、確率と図形が難しいと思ってたんですが、予想通りやられました。


理科は化学はともかく、物理が微妙。
計算量は少なかったのですが、浮力とか慣れてない問題でやられました。
正直全統記述の方が私にとっては簡単だったように感じます。


英語に関してはリスニング死亡。
なんか難しかった気がするけど、私の集中力がなかったせいでしょうか。
頭に入っていかなかった。
今までリスニングは問題ないと思っていたんですが、思わぬ落とし穴か。
今のところセンターレベルで一番安定してるのは英語の筆記かな。
今回も文法と発音の間違いのみ。
どうでもいい話ですが、長文に出てくる男の子が不憫すぎて泣けました。


地理も難しかった。
あんまり今まで見たことのないような問題が多かったです。
本番のレベルと比べてどうなのかは正直判断出来ず。


ある意味やってて一番手応えを感じたのは国語でした。
150点台は今の自分で取れる最高レベルの点数でしょう。
が、これが120点台だったらと考えるとぞっとします。


もうセンター対策は国語と社会だけでいいかなぁと考えていたんですが、どうしようか迷います。
センター8割5分でも受かるように2次対策するのが正解のような気もしますが。

少しセンターの問題を解き直して考えましょうかね。

posted by ヒル at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 模試〜感想〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月23日

第3回全統記述模試〜感想〜

ということで、本日は河合塾の第3回全統記述模試を受験してきました。

場所は河合塾新宿校。
新しめで、キレイな所でした。

教室内は机が4つ横並びでかなり窮屈。
でも机の高さは問題なく、駿台で悩まされる腰痛に陥ることも無く何とか終了しました。

いきなり余談ですが、隣で受けてた恐らく浪人生が試験中半分くらい寝てたのにはびっくり。
そんなんだったら家で寝てればいいんじゃね?と思わずには居られませんでしたが、まぁ余計なお世話ですね。



本題に戻って、各科目の感想をちょろちょろと。

数学
先週受けた駿台ベネッセに比べると歯ごたえのある問題でした。
最後まで解ききれない問題多し。
もうちょっと出来てもいいんじゃないかと思いつつも、詰めが甘いのは今の実力を反映している気がしました。

英語
こちらは駿台ベネッセに比べると簡単だったかなと思います。
読解中心なのでやりやすい。
長文はやっておきたい英語長文500くらいのレベルかなと。
文法もそんなに難しくなく、英作文と和訳でどれだけ減点されるかという感じ。

物理
難易度的には駿台ベネッセと同じくらいかな。
大問3つで、それぞれの最後の問題がいやらしい。
満点は簡単には取らせないぞって感じがヒシヒシと伝わってきます。

化学
難易度的には駿台ベネッセと同じくらい。
なんかつまらないミスをいくつかしてしまいました。
頑張れば満点も可能なレベルの問題だと思われますが、もう一歩届かず。

この模試の平均点や受験者レベルはよく分からないので、また結果が戻ってきたら報告したいと思います。


模試の後は有機化学の問題集を買いに本屋へ。
迷ったあげく、駿台の有機化学演習を買いました。
今のところ考えている受験校は有機が結構難しいのでレベルアップを狙います。



余談その2
他の再受験生のブログを密かにチェックしていますが、いつも見ていた中で再受験を断念した(と思われる)方が2名ほど立て続けに出ていました。

お二人に共通していたのは再受験生活が長い事。
やはり再受験が長引くと、どこかでダレてしまうのかなと感じます。
私の場合、来年合格できなくても、もう1年くらいなら頑張れそうかなと今のところ思っていますが、さすがに再来年もダメだったとするとちょっと気が滅入ってきますね。

再受験成功の鍵は、短期決戦にありか。
短期と言っても1〜2年がかりですが・・・。
密度を濃くして乗り切っていきたいと思います。


さて、来週もまた模試です。
がんばりましょう。

posted by ヒル at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 模試〜感想〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする