2014年03月18日

2年生の時間割

こんにちは。

今日は私の大学の2年生の時間割でもご紹介してみようかと思います。
とは言え、医学部は結構時間割が変則的で、毎週同じでは無かったりするので、前期と後期でもっともきつかった時期を紹介しようかなと。

前期の例
   1限      2限   3限     4限
月曜 第2外国語 英語  地域医療学 地域医療学
火曜 生化学   生化学 組織学   組織学
水曜 生理学   生理学 統計
木曜 生理学   生理学 生化学   生化学
金曜 生理学   生理学 組織学   組織学

月曜日は午前中が語学。午後は基本授業がなく、地域医療学という授業がたまに入ってくる感じ。
午前中の語学は1年次に取り切ることも出来るので、休みにすることも可能。私は第2外国語は1年で取り切ったので、2限の英語から。
前期の山は組織学。実習があり、授業一コマの後、3時から大体8時くらいまで実習。
そして、おまけに大量のレポートが課される。
基本週に1回なんだけど、週に2回の時期は結構きつかった。
生理学や生化学も授業数が多く、1週間でどんどん進みます。
水曜日の統計は唯一理系っぽい科目。特に統計は好きじゃないけど、いい気分転換になっていた…。
この時期の時間割にはない解剖は、別の時期に講義があった。前期は概ね授業聞いてればいいので、そんなにしんどくはない。
生理学と生化学の実習は6月にまとめて。


後期の例
   1限      2限    3限     4限
月曜 第2外国語 英語   解剖学   解剖学
火曜               組織学   組織学
水曜 実験医学  実験医学  解剖学   解剖学
木曜 生理学   生理学    解剖学   解剖学
金曜 生理学   生理学    解剖学   解剖学

後期は大半が実習。
解剖と組織で週5の時期は本当にきつかった。
解剖は短い講義の後、2時過ぎから5〜8時までの実習。
終わる時間は班によってまちまち。
ご遺体によっても変わるし、班員のモチベーションや丁寧さによっても変わる。
基本立っている時間が長く、若干前かがみの姿勢のせいで腰が…。


月曜日の語学は2年前期で取り終わったので、私はなし。
火曜日も午前は休みで、多少ゆとりがあってよかった。
実験医学は試験がゆるく唯一の癒しの時間。
生化学は前期で終了し、大きな科目は生理学と、組織、解剖のみ。
組織は前期同様8時くらいまでの実習と重いレポート。


ということで2年生はこんなかんじで過ぎていきました。
こうやって書いてみると空き時間も多いし、そんなに大変でもなさそうですね。
でも、週末がレポートや試験勉強でなんやかんや埋まってしまうので、実際やるとしんどかったです。
さて、3年生はどうなるか。
タグ:2年生
posted by ヒル at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 医学部生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/391824867

この記事へのトラックバック