2012年12月23日

再受験体験記J -2011年8月〜9月-

2011年8~9月

■ 次なる目標
駿台全国マークで国語以外はそれなりの成績を収めることが出来た。国語が想像以上に悪かったのは多少誤算だったが、今のところ全体としては悪くなさそうという感触を得ていた。
次に受ける模試を考える。次の模試でセンター対策の目処をつけてしまいたい。時期的なものと、その後に受ける記述模試とのドッキング判定などを加味して9月にある第1回駿台・ベネッセマーク模試でセンター対策の一つの目処をつけることを目標とする。目標は全体で9割を狙うことである。9割を達成するための主な壁は国語。あとは数学、理科、英語でつまらない取りこぼしをしないことが必要だ。


■ 体力低下
6月以降勉強生活に入ってからというもの、殆ど全く出かけることもなく過ごしていた。いわば勉強をしている引きこもりなので、頭は使っているが運動不足は著しい。
そのため駿台全国マークを受けるため久しぶりに電車に乗って出かけると、会場に着いたときには早くも疲れてしまっていた。私は元々体力がそんなにないのだが、この自分の衰えにはかなりびっくりしてしまった。

体力以外にも生活の変化に由来すると思われる身体の変化が自分にはあった。
抜け毛が増えたのである。運動不足や太陽に当たらないことなどが原因ではないかと思われる。高齢受験生になってくると、こんなこともある。

その後受験終了まで散歩を日課にするようにした。1日1時間弱のコースをDuoのリスニングを聞きながら歩く。本当はもっと動いた方がいいが、勉強に充てたいのでしょうがない。再受験生になっても1日1時間の散歩だけでもいいので、多少身体を動かすことを強くおすすめしたい。

ちなみに抜け毛は大学に入学後改善した。生活習慣が改善したためではないかと思われる。


■ この頃の勉強・英語
参考書を追加。

やっておきたい英語長文シリーズ4冊   河合塾

英語のセンター対策はほぼネクステージのみにする。リスニングや長文などはほとんど特別の準備は必要ないと判断。英語は早めに2次対策に移る。2次対策としてやっておきたい英語長文シリーズをやさしい方から毎日1問ずつ解く(300は毎日2題ずつ)。この際、英文読解の透視図も毎日1章ずつ復習する。英文読解の透視図で自分が間違いやすい部分を認識し、その間違いをしないことを意識しつつ長文問題を解いていた。こうすることで、自分が長文読解において間違いやすい部分を矯正することが出来る。参考書と問題集をいったりきたりしながら進めたのが、読解力の向上に効果的だったと感じている。

英文読解の透視図をやっていると、やっておきたいシリーズの長文はたとえ1000であろうがそこまで難しいと感じない。この頃はまだ記述模試を受けていないので、これでどの程度の学力なんだろうかと思いながら勉強していた。
英作文もぼちぼち手をつける。すでに購入済みの合格英作文作成法を毎日少しずつ進める。単語とDEも継続した。解体英熟語このころにはもうやらなくなった。

-この頃の使用参考書-
英文読解の透視図 河合塾
Duo 3.0 +CD アイシーピー
ドラゴンイングリッシュ(例文集) 講談社
速読英単語上級編            Z会出版
ネクステージ英文法・語法問題      桐原書店
合格英作文作成法            学研
やっておきたい英語長文シリーズ4冊   河合塾


■ この頃の勉強・数学
英語同様センターレベルは大体大丈夫という感触を得ていたので、こちらも2次試験対策をメインに勉強する。10月ごろに受けるだろう記述模試を目指して数VCの青チャートをやりこむ。TAUBも適宜復習。やはり、VCが一番難しいと感じる。まだまだ数学は時間がかかりそう。

-この頃の使用参考書-
青チャート 数研出版
大学入試センター試験実戦問題集数学T・A 全国入試模試センター
大学入試センター試験実戦問題集数学U・B 全国入試模試センター


■ この頃の勉強・物理
いくつか参考書を追加。

漆原物理1               あすとろ出版
為近の物理演習1・2          代々木ライブラリー

センター対策が特別に必要と判断し、漆原物理1を。また2次のハイレベル向け問題集として為近の物理演習1・2を購入した。漆原物理は特に説明は読まずひたすら問題を解いて、間違えたところのみを確認していく。また、これまでに解いたセンタータイプの問題の間違えたところを復習する。

2次対策では為近の物理演習1・2を毎日少しずつ解いてみる。やはり上級レベルの問題集なので骨がある。特に難しい問題が多いのは力学だということに気づく。電磁気、波動、熱力学に比べ力学はいくらでも難しい問題を作れるような気がする。

-この頃の使用参考書-
大学入試センター試験実戦問題集物理I  全国入試模試センター
為近の物理I・U 解法と発想のルール  学研
マーク式総合問題集 物理T 河合塾
漆原物理1              あすとろ出版
為近の物理演習1・2          代々木ライブラリー


■ この頃の勉強・化学
初めての模試で物理よりも点数がよく、思いのほか仕上がっていたことに満足していた。化学は物理と違い2次対策をしっかりやれば、おのずとセンター対策にもなると判断し、特にセンター対策は行わない。とにかく重要問題集をやりこんでいた。
センター形式だとやはり間違えるのは無機、有機が多い。理論で間違えるのは単純なミスの場合が殆ど。化学はいかに正確な知識を入れられるかが肝だと思うようになった。

-この頃の使用参考書-
一問一答まる覚え化学T/U 中経出版
重要問題集 数研出版
大学入試センター試験実戦問題集化学T 全国入試模試センター


■ この頃の勉強・国語
初めてのマーク模試で国語以外はそこそこに成績を収めることが出来た。しかしながら、国語はどうしようもない点数を取ってしまった。それまでは古文漢文のみ対策をすればいいかと思っていたが、どうやら現代文の能力もかなり微妙らしいとこの時点でようやく気づく。もちろん古文漢文も全く対応できていない。

よくよく考えてみると、私が国語の勉強をまともにしたのは中学校にまでさかのぼる。高校ではどうせ理系だしと思ってろくに勉強しなかったので、実に約15年ものブランクがあるのだ。センターの国語は受験における国語の中でもかなり特殊で、難易度的にも決してやさしいものではないということをこの頃知る。
色々考え、まずはセンターというところから離れて、基本的な現代文の勉強をしようと考えた。

田村の現代文講義1            代々木ライブラリー
入試現代文へのアクセス         河合出版

現代文の標準的な参考書を2冊買い順次進めていく。これらの参考書のおかげで自分があまりにも何も考えずに文章を読んでいた事に気づかされる。また理系だから国語がいらないなんて、何と浅はかな考えだったのだろうかとも思うようになった。国語は文理問わず最も大事な科目の一つだと感じるようになった。

古文漢文についてもいくつか参考書を追加。
マドンナ古文単語            学研
センター試験対策漢文キーワード200    明治書院
入試頻出漢文 語と句形          桐原書店

マドンナ古文単語は速読古文単語がどうも自分には合わないと感じられたため、導入した。古文の知識がほぼない自分にはいきなり文章を読む形の単語帳より、オーソドックスな単語帳の方があっていた。かなり今さら感はあるが。漢文の二つの参考書はどちらも時期を変えて手をつけたが、最終的にメインとしたのは「入試頻出漢文 語と句系」のほうである。早覚え即答法だと最近のセンターでは対応しきれないことがあるという評判を知り、手を出した。

-この頃の使用参考書-
望月古典文法講義の実況中継 語学春秋社
イメトレまる覚え古文文法 中経出版
漢文早覚え即答法 学研
マーク式基礎問題集古文         河合出版
マーク式基礎問題集漢文         河合出版
マドンナ古文単語            学研
センター試験対策漢文キーワード200    明治書院
入試頻出漢文 語と句形          桐原書店
田村の現代文講義1            代々木ライブラリー
入試現代文へのアクセス         河合出版
大学入試センター試験実戦問題集国語
マーク式総合問題集 国語 河合塾


■ この頃の勉強・地理
参考書を追加する。

センター試験地理B超重要問題の解き方   中経出版

ずっとメインで使っていた講義の実況中継と同じく瀬川の本。センターの過去問の中で差がつく問題をメインに解説されている。こちらも講義の実況中継と同じくとにかく解説が丁寧。実況中継と内容的にかぶっている部分もあるし、ちょっと高いのだがやってよかった参考書であった。収録されている問題は初見で概ね8割以上は解くことが出来た。2周程度繰り返す。
また、定期的にセンター形式の問題集も解く。駿台に加え河合のセンター問題集も購入。センター形式で頻出の分野と、自分が苦手な分野が少しずつ見え始める。

-この頃の使用参考書-
瀬川センター地理B講義の実況中継 2冊 語学春秋社
大学入試センター試験実戦問題集地理B
マーク式総合問題集 地理B 河合塾
センター試験地理B超重要問題の解き方   中経出版


■ 第1回駿台・ベネッセマーク模試
当時書いた記事はこちら。結果はこちら
前回のマーク模試同様、直前期は問題集でマーク形式に慣れる。
結果は駿台全国マークに引き続き、国語はいまいち。ただ、そのほかの科目はそれなりで、全体で得点率は86%。目標の9割には到達しなかったが、国語以外はほぼOKという判断を下す。概ね計画通りだ。
posted by ヒル at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 再受験体験記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/309365897

この記事へのトラックバック