2012年04月11日

大学生活の始まり

お久しぶりです。
ようやくインターネットが開通し更新できます。

既に授業も始まり、大学生らしくなってきました。

まだ学年の全貌は全く見えて来ませんが、今年の私の大学の最年長入学者は恐らく40代です。
と言うことで全く年齢差別はなさそう。
30代以上の高齢再受験生にも自信を持ってお勧め出来る大学と言えそうです。
入った後はどうだか分かりませんが。

ビックリしたのは、私が前期で受けた大学を一緒に受けて(一緒に落ちて)いた、私よりも高齢の再受験生が入学されていたこと。
ガイダンスでその人を発見した私は思わず帰り際に話しかけてみました。
そしたら驚愕の事実発覚。
その人は前期受けた大学の合格者最低点を200点くらい上回っているはずなのに落とされたと言うのです。
ちなみに私が受けた大学は2次の得点の開示を詳細にはしてくれませんので、あくまでも本人の自己採点によるものだと思います。
ただ、その方は英語力が非常に高いので、おそらくかなりのアドバンテージがあったものと推測しています。後期で合格出来るだけの理系科目の学力もありますし。
自分が受けた大学が年齢差別をしていたかも?という事に驚きを隠せませんでした。

まぁ今思うとネットではあまり再受験に関し評判の良い大学ではなかったのですが、近年はそうでもないという評判もあり、私は後者にかけてみたのです。
私が年齢差別で落とされた可能性は低いとは思うのですが、実際どの年齢から差別されるのかは分かりません。
今年の合格者最低点もそんなに高いわけではなく、私が年齢差別された可能性も全くないとは言い切れないかも。
そして、もし今年受からなければまた来年もその大学を受けていたかもしれません。年齢差別があるかもしれない大学であることも知らずに。。。
再受験差別と年齢差別は別だという事を私はあまり認識していなかったので、改めて高齢再受験の恐ろしさを感じました。
30歳以降の再受験生の方は、再受験差別がないと言われている大学でもよくよく注意した方がいいと思います。
自分の年齢くらいの合格者が近年いるかどうかと言うのが一つ確実な目安のような気がします。
ということで、私の進学した大学はとてもそういう意味ではとてもお勧め。


最後に一応私が前期で受けた大学を書いておきます。
私が受けたのはY浜市立大学です。
再受験生で受ける方はそんなに居ないかもしれませんが、志望校選びの参考にしてください。
【関連する記事】
posted by ヒル at 21:45| Comment(2) | TrackBack(0) | 医学部再受験情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Y大学目指してやっていこうと思ったので、貴重な情報ありがとうございます。

成績開示される予定はありますか?成績開示の結果が上回ってたら確実ですよね。。。
今年から論文の点数化がなくなって、不透明な部分がなくなるから再受験差別しないと思ったんですけどね。。。
Posted by 医学部再受験 at 2012年04月12日 22:40
>医学部再受験さん

Y大学の成績開示は簡易開示のみで、最低点を上回っているか否かは分からないようなものだったと記憶しています。
そのため、あまり意味がないので、成績開示はしないと思います。

おそらく、面接一発アウトという形で高齢者を落とすのではないかと。
あくまでも推測ですが。
Posted by ヒル at 2012年04月13日 15:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/263819124

この記事へのトラックバック