2011年12月18日

全統医進模試の結果

2011年度全統医進模試の結果です。

IMG_0478.JPG

英数理2型:371/600(偏差値:62.3) 順位:651位/6297人

という微妙な結果でした。
英語が一番偏差値低いとかビックリしました。
英作の配点が多いためとは言え、ここ最近の傾向とは真逆。
ちなみに自由英作は語数足らずで0点。配点は30点w
そしてまさか数学が一番偏差値いいとは…。
それでも63.5なので微妙なとこですが。


この秋受けた模試を振り返れば、やはり私は標準的な問題を出す総合大学の方が向いていそうですね。
今のところ受けようと思ってるのは総合大学と単科医の間くらいの難易度の大学なんですが、悩みます。


全統医進の話に戻りますが、この模試は判定のラインがよく分かりません。
一応偏差値60もあれば、地方医大はA判定が出ます。
かなりゆるいです。
しかし北大も地方駅弁並の判定ラインなんですが、どうなっているんでしょうか。


そのほか見ていて面白かったのは成績優秀者の欄。
成績優秀者が第3回の全統マークを受けている場合、その点数が載っています。
成績優秀者はみんなマークもしも800越えかと思いきや、そんなこともないんですね。
800点台はかなり少なめでした。

センターと2次と両方そろえるのは難しいということでしょうか。
はたまた、上位層は現役の人が多いのかな。

あと、小論文ですが、45点ということでかなり採点は辛いなぁという感じでした。
でも、採点の基準とかがしっかり載っていたので、なかなかためになります。
根拠もなく60〜70くらいはもらえるかなと思ってたので、なかなか凹みましたが、いい練習にはなりました。


画像追加(2013年3月6日)

2013-02-26 11.32.17.jpg
posted by ヒル at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 模試〜結果〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック